資産運用に成功する為に【運用は運だけではない】

Finance

拡大が期待されている

今後も成長が期待される不動産投資信託

個人の資産運用の姿勢が大きく変わる中で、今後も投資向けの金融商品の需要が高まるであろう。またポートフォリオに不動産を組み込む必要性を実感する投資家が増えているので、今後はさらに不動産投資信託へのニーズが増えるであろう。そのために不動産投資信託の各投資法人でも、個人投資家を取り込むための未来に向けた戦略を計画中である。特に成長性を重視する投資法人の多くが、都市部のオフィスビルへの投資を積極的に行うであろう。その一方で築年数の古い物件の売却を進めることで、新しい物件へのシフトを強めるであろう。また流通系企業や商社系の企業など、様々な会社が不動産投資信託を組成して新規に上場を進めることで、更に不動産投資信託のマーケットは拡大するであろう。

分散投資を行うときの注意点

不動産投資信託は10万円から購入可能な銘柄も多いので、誰でも気軽に分散投資が可能である。しかし分散投資の効果を高めるためには、購入する銘柄のバランスを考えるべきである。その場合にはオフィス系の銘柄だけではなくて、レジデント系の銘柄や複合系の銘柄も複数購入するべきであろう。そして銘柄を選ぶときには、個別銘柄のポートフォリオだけではなくて、財務内容をチェックすることが大切である。特に借入金の状況が将来に大きな影響を与えるので、借金の比率やローンの金利も確認するべきである。またスポンサー企業がしっかりとしていることで、将来的にも安心である。そのために旧財閥系企業とのパイプが太い銘柄を選ぶことで、安定性と成長性も期待できるであろう。

↑ PAGE TOP